category: 未分類  1/2

火災保険の支払い方を変えると初期費用が楽になる

たったこれだけの見直しをするだけで、不動産屋や銀行小会社が出してくる見積もりよりも相当安くなると思いますよ。後は保険料の支払い方です。保険屋や銀行は10年一括で、物件決済時に支払うことを勧めてきますが、そうする必要はありません。確かに一括支払いをすると保険料が少し安くなりますが、ただでさえ自己資金が足りない物件購入時に、わざわざ将来のお金まで先払いする必要はないのです。支払い方にはいろいろとあります...

どのくらい火災保険に入っておけば良いのか?

投資物件を購入する際、だいたい不動産屋や銀行の関係する保険会社から火災保険の見積もりを提出されると思います。ここできちんと内容をチェックするようにしてください。だいたい保険契約期間10年で、建物価格目一杯の保険金額(更には数年の地震保険もセットで!)となっていることが多いと思います。見積り価格は1~2億程度の物件で80万円とか、それくらいを一括支払いとなっているのではないでしょうか。何も言わずに提案される...

どういう時に火災保険は適用されるのか?

保険には大きく分けて生命保険と損害保険があって、火災保険は損害保険になります。損害保険は、要は「不測かつ突発的な事故」に対して、カバーされている範囲で支払われる保険です。わかりにくいですね。要は経年劣化やワザと起こしたもの、繰り返し発生するものでなければ保険対象となるという意味です。不動産投資を数年やってみると、損害保険が適用されそうなシーンはかなり頻繁に発生していることに気が付きます。クルマが突...

不動産投資に必須の火災保険

保険の話が続いたので、少し火災保険についてお話したいと思います。保険なんて使わないものと思っている方もいるかもしれませんが、不動産投資では保険はリスク管理をする上で極めて重要な要素になります。私も過去、当然保険が適用できる領域のトラブルがあったとしても、保険の使い方を知らなかったため、無駄に自腹を切っていたというケースが何回もあります。恥ずかしい話ですが、私も嵐でアパートの屋根が壊れた時、風で部屋...

台風によるトラブルと対策

最近はゲリラ豪雨や大型の台風が連発するなど、風雨関連のトラブルが多くなっているようです。私の物件でも発生していますし、大家仲間の間でも昔よりは頻発しています。台風が発生すると、悲惨な場合は屋根が飛んでかなりの雨漏りが発生するケースがあります。古い物件では結構被害が出てきますね。また、目隠しが広い面積で折れてしまったり、物が飛んできてガラスが割れたりと、ちょっとした地震が起きたときよりも被害が大きい...