category: 実録!投資用不動産購入  1/8

不動産投資の基本ノウハウ44

次に木造の欠点として遮音性が悪いなどのスペックが低いことが挙げられます。木造アパートは木で柱を組み上げ、その間に板で間仕切りをしています。実際に住んでみるとわかりますが、物件により程度はありますが隣や上階の生活音が結構聞こえてきます。ちなみに外の音はそれほど気になりません。入居者同士の音の問題はクレームに直結することで、木造を持つからにはある程度覚悟しなければならないことだと思います。遮音シートな...

ついに憧れのビルオーナーに!5

また、融資を申し込んだ時期も味方してくれました。金融機関によってかなり異なるのかもしれませんが、この銀行の決算時期は9月と3月で、特に3月は総決算であるため、融資担当者からみても、ここで融資を積み増して成績を上げておきたいという考えもあったのでしょう。「なんとしても3月中に決済ができるようにしたい」と、むしろお願いされたことを覚えています。銀行からもいろいろと知恵を借り、融資を受けることに成功しました...

ついに憧れのビルオーナーに!4

もしもこの借り入れに成功すると借金は2億円を突破することが分かっていましたので、今回の交渉は難しいだろうなと思っていました。個人に貸し付ける総額というのはある程度決まっていると聞いています。どのようにこの物件の価値をプレゼンテーションするか一生懸命考えました。まず、現在の賃料が比較的安いということを説明しました。つまり、これ以上経営が悪化することはありえないということを力説したのです。また、新築同...

ついに憧れのビルオーナーに!3

いつも手伝いをしていた恩返しかどうかは分かりませんが、これもまた運良く、他に購入希望者が現れなかったため、私が優先的に物件を購入する交渉権を得たのです。私はすぐに物件を見学に行きました。個人的にはあまりいいロケーションだとは思えませんでしたが、まあ利回りも悪くなく、なによりも当時、築2年というありえないくらいの超築浅物件でしたので、買い付け証明を書いておきました。ただ、用意できる資金からすれば、少...

ついに憧れのビルオーナーに!2

私はいつものように、馴染みの業者に「ビルがほしい、ビルがほしい」と連呼していました。毎週のようにマイソクを眺め、値段が高くて手が出ない状況にヤキモキしていたところ、ある日、都内に4階建ての鉄骨ビルの案件があったと聞きました。もうそれは買主がついており、まだ決定ではないが、融資の準備が進んでいるとのことでした。その買主をつける前に先に紹介してくださいよ、と文句を言っておきました。なかなか財力のない人...