1. Top
  2. » 宅建資格を取ろう!

初心者の方限定。不動産投資アドバイスします

大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです
不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」という方からのご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログをはじめて以来、500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。


宅建試験~主任者証交付まで

試験当日は外部の大学などで受験します。駅からゾロゾロと本当にすごい人数が受けているんだなと実感しました。友達同士でワイワイ受けに来ている連中も多いです。1/3はハナから合格できる感じではないと思いました。実際にライバルになる人数は総受験者数の内の半分くらいではないでしょうか

こちらはお遊びではないので、一発で合格しなくてはなりません。試験なんかにいつまでも時間を取られるわけにはいかないのです。見直しも完璧に、マークミスなんかもっての他です。テストが終わったら、模範解答で点数チェックをしている人が多いですが、終わったことに一喜一憂してもしょうがないので、私の場合は採点もしませんでした。結果が届くのを待つのみです。

試験の合格通知が来たら、今度は実務講習を受けなくてはなりません。2年以上の実務をしている方には関係ないですが、私は兼業大家で業種も全く違うので受講しました。なんと通学2日+通信教育で45,000円も取られてしまいます。内容も本当にどうでもいいものばかりでした。これも免許のため、我慢我慢…。

最終的に主任者証を交付されるまでには半年くらいかかります。費用もだいぶかかります。はっきり言って会社から手当てもつかないので割に合わないような気もしますが、それでも不動産投資をするためにはいい勉強であると同時にちょっとしたハクにもなるので、自己啓発と思ってチャレンジしてみましょう

宅建資格は不動産投資にとても役に立ちます。自身で実証済み、日本一簡単で安く取得できる受験ノウハウを「以前書いた記事:宅建資格を取ろう」に公開中!ご紹介の5冊+公開模試だけで合格可能です。

宅建資格 テキスト関係2冊
どこでも宅建
どこでも宅建 とらの巻〈2005年版〉
らくらく宅建塾
一発合格 らくらく宅建塾〈2006年版
宅建試験の教科書にあたるものです。どこでも宅建で網羅的、詳細に知識をインプットします。その後、らくらく宅建塾で下らない語呂合わせなどを駆使したテスト対策をすると良いでしょう。らくらくで合格最低線を完璧にし、どこでもで足りない部分を補うという感じです。
宅建資格 問題集関係3冊
宅建塾過去問1
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 1〉権利関係
宅建塾過去問2
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 2〉宅建業法
宅建塾過去問3
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈3〉法令上の制限・その他の分野
宅建試験の過去問です。テキストであるらくらく宅建塾 と解説が連動していますので、忘れかけているところがあれば、テキストに戻って復習することができます。権利関係、宅建業法、法令上の制限他と3部構成になっていますので、順にやっていくと良いでしょう。
宅建資格 実践シュミレーション
LECの宅建公開模試で実戦経験を積めば完璧です。私は「実戦編+ファイナル 一括(全4回) 8,000円 」を選びました。

  • ジャンル :

宅建試験 総仕上げ

普通にやっていれば、ここまででもう3ヶ月は経っていると思います。気合で勉強すれば恐らく2ヶ月コースで大丈夫だと思いますが、少し余裕を見て7月には始めた方が良いでしょう

自宅学習がおおよそ完了したら、アウトプットの総仕上げとして、公開模試を受験することをお勧めします。試験のシュミレーションとして雰囲気に慣れることに始まり、実際に近い問題冊子、マークシートなどを何回か体験することで、実践への準備が整ってきます。ここでケチってしまったら元も子もありません

私はLECの宅建公開模試を受験しました。コースは「実戦編+ファイナル 一括(全4回) 8,000円 」です。水曜日、土曜日、日曜日と選択できるのですが、私は土日はもったいないと思ったので、水曜日の夕方6時半からのテストにしました。会社が終わるのが6時なので、それこそ必死で定時にあがって、地下鉄を駆け抜けてギリギリ5分前に到着というパターンでした。

毎回、汗を拭くまもなく試験開始だったので、かなり最悪の条件での実践シュミレーションができたと思います。一度、すごい嵐のお陰で15分遅れで会場に到着し、それでも合格ラインに届いていたことがありました。結果、試験当日にどんな事故が起きてもなんとかなる自信がつきました

このコースは本番と同じ条件で試験を受け、その後解説をするという流れです。毎回、ランキングが発表されるので、合格ラインに乗っているかどうかをだいたい把握することができます。なにより助かるのは、本では対応できない分野に対応しているというところです。

例えば「宅地建物に関する統計」という分野や、「税金関係」分野は、例年修正されるものですので、1年も前に出版されている本で紹介されていないことが多いのです。ですので、このコースで最新のデータを覚え、より万全にしていくことが重要だと思います

宅建資格は不動産投資にとても役に立ちます。自身で実証済み、日本一簡単で安く取得できる受験ノウハウを「以前書いた記事:宅建資格を取ろう」に公開中!ご紹介の5冊+公開模試だけで合格可能です。

宅建資格 テキスト関係2冊
どこでも宅建
どこでも宅建 とらの巻〈2005年版〉
らくらく宅建塾
一発合格 らくらく宅建塾〈2006年版
宅建試験の教科書にあたるものです。どこでも宅建で網羅的、詳細に知識をインプットします。その後、らくらく宅建塾で下らない語呂合わせなどを駆使したテスト対策をすると良いでしょう。らくらくで合格最低線を完璧にし、どこでもで足りない部分を補うという感じです。
宅建資格 問題集関係3冊
宅建塾過去問1
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 1〉権利関係
宅建塾過去問2
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 2〉宅建業法
宅建塾過去問3
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈3〉法令上の制限・その他の分野
宅建試験の過去問です。テキストであるらくらく宅建塾 と解説が連動していますので、忘れかけているところがあれば、テキストに戻って復習することができます。権利関係、宅建業法、法令上の制限他と3部構成になっていますので、順にやっていくと良いでしょう。
宅建資格 実践シュミレーション
LECの宅建公開模試で実戦経験を積めば完璧です。私は「実戦編+ファイナル 一括(全4回) 8,000円 」を選びました。

  • ジャンル :

宅建試験 アウトプットの訓練

試験範囲の知識が身についたら次は実践対策をしましょう。アウトプットの訓練は過去問を実際に解いていくのが常套手段です。私の場合は、テキストとして使ったらくらく宅建塾に連動している過去問宅建塾を利用しました。これは3分冊となっていて、権利関係宅建業法法令上の制限・その他の分野と分かれています。全部買っても5,400円+消費税くらいですね。

これの良いところは、テキストと連動しているところです。この問題で使うべき語呂はなんだったか、テキストの何ページに説明が載っているのかなどが記載されており、それこそ立体的な学習ができました。近年の出題傾向にあわせて、分野的にかなり絞られた構成となっています。割の良いアウトプットができると思います。

私の場合は2回くらい解いたところでだいぶ飽きてきたので、もう完璧というところはマークをつけ、封印をしてしまいました。間違うかもしれない部分だけを残して、極めたところはガンガン消していくと、最後に苦手箇所のみが残るようになります。その分野を再度網羅的なテキストどこでも宅建を使って集中的に攻めて行くわけです。

宅建資格は不動産投資にとても役に立ちます。自身で実証済み、日本一簡単で安く取得できる受験ノウハウを「以前書いた記事:宅建資格を取ろう」に公開中!ご紹介の5冊+公開模試だけで合格可能です。

宅建資格 テキスト関係2冊
どこでも宅建
どこでも宅建 とらの巻〈2005年版〉
らくらく宅建塾
一発合格 らくらく宅建塾〈2006年版
宅建試験の教科書にあたるものです。どこでも宅建で網羅的、詳細に知識をインプットします。その後、らくらく宅建塾で下らない語呂合わせなどを駆使したテスト対策をすると良いでしょう。らくらくで合格最低線を完璧にし、どこでもで足りない部分を補うという感じです。
宅建資格 問題集関係3冊
宅建塾過去問1
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 1〉権利関係
宅建塾過去問2
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 2〉宅建業法
宅建塾過去問3
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈3〉法令上の制限・その他の分野
宅建試験の過去問です。テキストであるらくらく宅建塾 と解説が連動していますので、忘れかけているところがあれば、テキストに戻って復習することができます。権利関係、宅建業法、法令上の制限他と3部構成になっていますので、順にやっていくと良いでしょう。
宅建資格 実践シュミレーション
LECの宅建公開模試で実戦経験を積めば完璧です。私は「実戦編+ファイナル 一括(全4回) 8,000円 」を選びました。

  • ジャンル :

宅建試験 暗記モードに入る

だいたい宅建の概要と教科書レベルの知識を得たところで、次は試験に出る内容を暗記していくことにします。ここでのテキストはテストに的を絞ったらくらく宅建塾を選びましょう。なんとなくムカつく本ですが、テスト仕様のすばらしい本です。なんだか恥ずかしい語呂などを駆使し、出ないところはばっさりと切り捨て勉強しないという、試験にしか役に立たないです。しかし、テストには役に立つ本です

これよりあとは、このテキストを中心に勉強していきます。ただの表や文がなぜか立体的に覚えられるようになります。これも2回くらいは読んだ方が良いと思います。

XQXsh0273.jpg
私が使っていた2003年度版らくらくシリーズ

宅建の試験業界には代々伝わる試験用の語呂があるようです。10個くらいはどこにでも書いてあるのですが、らくらく宅建塾はレベルが違い、ほとんど総ての暗記事項に語呂をつけてあります。しかもどの語呂も読んでバカらしく、恥ずかしいものばかりです。そんなものまで語呂つけなくても覚えられるだろうというものも多いですが、お陰で頭の中で表を書き出すことができるようになります。

こういう本に出会うと、本当に宅建くらいで10万円も20万円もする講座を受けるのがバカらしくなります。試験テクニックの塊みたいな本です。

宅建資格は不動産投資にとても役に立ちます。自身で実証済み、日本一簡単で安く取得できる受験ノウハウを「以前書いた記事:宅建資格を取ろう」に公開中!ご紹介の5冊+公開模試だけで合格可能です。

宅建資格 テキスト関係2冊
どこでも宅建
どこでも宅建 とらの巻〈2005年版〉
らくらく宅建塾
一発合格 らくらく宅建塾〈2006年版
宅建試験の教科書にあたるものです。どこでも宅建で網羅的、詳細に知識をインプットします。その後、らくらく宅建塾で下らない語呂合わせなどを駆使したテスト対策をすると良いでしょう。らくらくで合格最低線を完璧にし、どこでもで足りない部分を補うという感じです。
宅建資格 問題集関係3冊
宅建塾過去問1
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 1〉権利関係
宅建塾過去問2
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 2〉宅建業法
宅建塾過去問3
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈3〉法令上の制限・その他の分野
宅建試験の過去問です。テキストであるらくらく宅建塾 と解説が連動していますので、忘れかけているところがあれば、テキストに戻って復習することができます。権利関係、宅建業法、法令上の制限他と3部構成になっていますので、順にやっていくと良いでしょう。
宅建資格 実践シュミレーション
LECの宅建公開模試で実戦経験を積めば完璧です。私は「実戦編+ファイナル 一括(全4回) 8,000円 」を選びました。

  • ジャンル :

宅建試験 知識を身につける

宅建の試験は10月なので、もしも勉強を始める時期が春くらいであれば贅沢仕様の勉強ができます。2ヶ月くらいかけて、ゆっくりと全般的なテキスト(どこでも宅建)を読むことをお勧めします

WZ5sh0272.jpg
私が実際に使用していた2003年度版のどこでも宅建

第1読目、最初は全然覚えられないと思います。重要なことはどういう範囲と内容が試験に出るのかと用語の意味くらいで良いかと思います。1読目は、試験範囲が広いなぁ、覚えきれるかなぁと思うことでしょうが、慣れてくるとそれほど大した量でもなく、余裕で覚えられます。焦らないでくださいね

第2読目は、意味を理解するようにしてください。少し構造的に把握するようにします。建築基準法の用途規制などは、ただの表にしか見えませんが、良く見ると傾向があることが分かります。このように少し分析的に読んでいくと良いと思います。

第3読目くらいまでくると、暗記はできていないまでも問題集の解説の意味などが理解できるようになっていると思います。テキストに書かれている順が絶対ではないので、ご自分で弱いと思う箇所を中心に読み進めていくと良いと思います。自分が苦手そうなところも把握していると思います。そろそろ計算なども実際に手を使ってやってみましょう

よく試験対策で出てくる話ですが、手始めに網羅的だがとっつきやすいテキストを3回読めと言われます。これで全体を理解し、暗記の基礎を作るわけです。いきなり最初のページから暗記モードで始めるから、概要が理解できなくてつまらない試験勉強となるのです。

宅建資格は不動産投資にとても役に立ちます。自身で実証済み、日本一簡単で安く取得できる受験ノウハウを「以前書いた記事:宅建資格を取ろう」に公開中!ご紹介の5冊+公開模試だけで合格可能です。

宅建資格 テキスト関係2冊
どこでも宅建
どこでも宅建 とらの巻〈2005年版〉
らくらく宅建塾
一発合格 らくらく宅建塾〈2006年版
宅建試験の教科書にあたるものです。どこでも宅建で網羅的、詳細に知識をインプットします。その後、らくらく宅建塾で下らない語呂合わせなどを駆使したテスト対策をすると良いでしょう。らくらくで合格最低線を完璧にし、どこでもで足りない部分を補うという感じです。
宅建資格 問題集関係3冊
宅建塾過去問1
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 1〉権利関係
宅建塾過去問2
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈2005年版 2〉宅建業法
宅建塾過去問3
宅建塾問題集 過去問宅建塾〈3〉法令上の制限・その他の分野
宅建試験の過去問です。テキストであるらくらく宅建塾 と解説が連動していますので、忘れかけているところがあれば、テキストに戻って復習することができます。権利関係、宅建業法、法令上の制限他と3部構成になっていますので、順にやっていくと良いでしょう。
宅建資格 実践シュミレーション
LECの宅建公開模試で実戦経験を積めば完璧です。私は「実戦編+ファイナル 一括(全4回) 8,000円 」を選びました。

  • ジャンル :
プロフィール

ニシオカオサム

名前 : ニシオカオサム

都内でサラリーマンをしながら25歳の頃から不動産投資を始め、カネなしコネなし知識なしの状態から都心を中心にビル・アパート合わせて15棟、区分所有複数戸で10億円を越える物件を経営する兼業大家。ボランティアの不動産投資アドバイスで多くの失敗例を見てきました。

Webやセミナーで声高に語られる内容はみんなマチマチで、どれを信じていいかわからないと思いませんか?不動産投資に正解などありませんし、素人の自分にいきなりいい情報がまわってくることもありません。”不動産投資はそんなに甘くありません!”。夢のような「成功」ではなく、現実的に「失敗しない」長期・安定の不動産収益を狙うノウハウを大公開します。不動産投資最大のコツは「欲をかかない」こと!

ノウハウの出し惜しみはしません!ご相談・ご連絡は右のメールフォームからお願いします。

ブログ全記事、一気読み!

ブログだと読みにくい」というご要望に応え、ググっと一冊のpdfにまとめました。ブログで読むのが面倒な方にオススメです(165頁20万文字)。オマケ付きで「1,980円」です。
→こちらからどうぞ

大家仲間1,000人を目指して

ニシオカのボランティアです!


本は読んだ。セミナーは受けた。でも具体的にどうやったら大家になれるの?という方、個別のご相談に乗ります。不動産投資は個々の事情と状況に合わせたはじめ方があります。実際にアクションを起こしたい、やる気のある方のみ歓迎!業者ではないニシオカが現実に則した中立的なアドバイスをいたします。

※不動産投資のマジメな啓蒙(啓発)活動です。営業、勧誘等一切しません。

⇒詳細はこちら
リンク

収益物件の逆オークションサイト - 不動産投資の楽待
収益物件の
逆オークションサイト
不動産投資の楽待

このブログをリンクに追加する

ブログランキング
ご連絡はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

メディア掲載歴
Big Tomorrow(雑誌)
「1億円が手に入る賢いお金の習慣」

SPA!(雑誌)
「東京「理由」R不動産」

Big Tomorrow(雑誌)
「金持ちサラリーマンの生活実態調査」

Big Tomorrow(雑誌)
「こんな部屋を買ったら絶対に失敗しません」

ゆかしメディア(ネット)
「不動産投資家ニシオカオサム氏 」

Big Tomorrow(雑誌)
「不況に強い不動産投資で一生副収入で過ごす方法」

PRESIDENT(雑誌)
「金持ち家族、貧乏家族」

The21(雑誌)
「金持ち社員vs.貧乏社員のマネー術」

Big Tomorrow(雑誌)
「給料が少なくても一生安泰の投資術」

週刊SPA!¥enーSPA!(雑誌)
「最新版 [不動産投資]で儲ける人々に学べ」

ON!(雑誌)
「サラリーマンがプロ大家さんになる方法」

Big Tomorrow(雑誌)
「サラリーマンオーナー」

All About(サイト)
「はじめての不動産投資」

Big Tomorrow(雑誌)
「役に立つ投資ブログ」

カテゴリー一覧
本の検索