category: 収益力のある物件とは?  1/9

良い物件の条件:まとめ

このように、まずは不動産投資を始めるに当たって選ぶべき物件として、1983年以降のちょっと築年数の経っている、ワンルームか1Kのマンションで、更に5つのポイントA:主要駅から近いことB:それなりに広いことC:できるだけ風呂・トイレ別であることD:部屋が明るく、それなりに機能が揃っていることE:なにかひとつ選ばれるためのワンポイント(売り)があることをそれなりに満たすものが良いと考えるわけですが、どれも...

良い物件の条件5:「売り」があること

古くても良いので、A:主要駅から近いことB:それなりに広いことC:できるだけ風呂・トイレ別であることD:部屋が明るく、それなりに機能が揃っていることE:なにかひとつ選ばれるためのワンポイント(売り)があることであると良いと思っています。Eについては、これがあることで入居者に対して、ファーストインプレッションを良くする(物件に興味を持ってもらうためのフックになる)ことができ、更には最後の決め手になる...

良い物件の条件4:部屋が明るい

古くても良いので、A:主要駅から近いことB:それなりに広いことC:できるだけ風呂・トイレ別であることD:部屋が明るく、それなりに機能が揃っていることE:なにかひとつ選ばれるためのワンポイント(売り)があることであると良いと思っています。Dについては、当たり前かもしれませんが、やはり”住む”ところなので、明るくてきれいに見えるところの方が競争力が高いです。例えば窓が2面、3面採光であったり、風呂に窓があ...

良い物件の条件3:風呂・トイレ別

古くても良いので、A:主要駅から近いことB:それなりに広いことC:できるだけ風呂・トイレ別であることD:部屋が明るく、それなりに機能が揃っていることE:なにかひとつ選ばれるためのワンポイント(売り)があることであると良いと思っています。Cについては、風呂・トイレ別というのが、選ばれる物件としてかなり有力なフィルタになっているという事実があります。風呂・トイレ別だけの物件を扱っているサイトや不動産屋...

良い物件の条件2:それなりに広い

古くても良いので、A:主要駅から近いことB:それなりに広いことC:できるだけ風呂・トイレ別であることD:部屋が明るく、それなりに機能が揃っていることE:なにかひとつ選ばれるためのワンポイント(売り)があることであると良いと思っています。Bについては、やはり狭いよりは広い方がいいに決まっています。幸運なことに20年位前の物件はやたら狭くして収益を上げようというつくりではなく、案外広くておおらかな物件も...