category: 不動産投資考え方  1/7

物件に愛情をかけすぎるな

苦労して物件を探して、苦労して融資付けをして、念願の物件を購入したのですから、思い入れもひとしおですよね。マイホームですら念願のマイホームというくらいです。お金を生み出してくれるアパートなどは憧れの極みだと思います。私も特に最初の方の物件は、かわいくて毎週物件見に行ってあれやこれやとお金をかけていました。そうして愛情をかけていくうちに、「自分の物件は特別な物件」だと思うようになってきます。賃貸経営...

空室対策にはリスクヘッジが必要

長年大家をやっているとわかるのですが、賃貸経営は本当に「波」があると思います。入居者は入る時は放っておいても入りますし、空室の時は悪あがきをしても申し込みが入りません。悪あがきをしても無駄なことも多いので、本質的な空室対策をある程度やったら、後は「待つ」以外にできることはないのです。資産家になった以上、度胸を決めて落ち着いて経営にあたるようにしてください。ただ、経験上ひとつ言えることがあります。先...

ネットやセミナーでの情報に注意!満室強迫症とは

一番よくある不動産投資病は、満室強迫症です。ネットや本などを見ると、「満室経営!」という文字が踊っていますよね。もちろん満室であった方が良いに決まっていますが、現実ではどんなに完璧な経営をしていたとしても100%満室などは不可能です。ましてや不動産投資は物件を持ってやってみないとわからないものです。買ってみてから予想と違ったということも少なくありません。経営なのですから当然ですよね。まず、不動産経営の...

「不動産投資」という病気

不動産投資の相談を長年やってきて、何百人もの人の考え方や投資例を見てきました。10年近く情報交換をしている方もいますし、トラブルが起きる都度相談に来られる方もいます。さすがに何百人もの知恵や経験を集めると幅広い情報が網羅できますし、役に立つ情報などの共有もでき、普通よりはかなり有利に投資を進められているのではないかと思います。相談いただいた方々とは、師・弟子のような関係ではなく、同志のような感じで不...

不動産投資以外の選択肢はあるのか?

不動産に融資が出ない今、不動産投資と同じような「金融機関からお金を借りて物件を購入し、何年もかけて少しずつ家賃をいただいて返済を進め、少しだけ利益を上げていく」ようなビジネスはないのでしょうか。私もここしばらくいろいろと検討を進め、実験的にいろんな投資をしてきましたが、一番近いモデルが太陽光発電投資ではないかと思っています。太陽光投資はまだ比較的新しい投資ですので、これをやれば間違いないということ...