category: 脳内投資で失敗知らず  1/1

投資をした場合・しなかった場合についての試算

不動産投資について、くだらない皮算用をしてみました。大雑把な話になるのですが、仮に2年に一部屋づつワンルームを購入していくとします。そして自分の歳が30歳だとします。そうすると死ぬまでに40年くらいはあると考えます。ですので、おじいちゃんになる頃には20部屋くらい持っていることになります。まあ40年後のマンションがどうなっているかはちょっと分かりませんが、今でも築40年の物件があることを考えれば、使えないと...

時間が稼ぐとはどういうことか?

これを考えると本当に興奮するのですが、不動産賃貸経営というものは「時間が稼ぐ」ものであるという認識です。もちろん入居するまでの苦労や日々の管理の手間などはありますが、トラブルがない限り大家がするべきことはそれほどありません。不動産投資を始めるのは若ければ若いほどいいという意味を知ることができます。例えば、私が持っていた月額賃料165,000円のマンションについて考えてみたいと思います。1ヶ月30日だとすると...

実践!脳内投資のやりかたの例

分かりやすい脳内投資の例として、ちょっとインターネットで探してみた物件を使って、私の脳内投資のプロセスを丁寧に公開してみたいと思います。例えば良く使っているHOME'Sというサイトあたりから投資用中古ワンルームマンションを検索するとします。まずは駅や地域(選び方は以前書いた記事「A:主要駅から近いこと」を参照)を絞ります。次に金額や築年、駅徒歩時間などで絞込みを行い、だいたいのあたりをつけます。利回りは...

脳内投資とはなにか?そのメリット

実際に投資をするにせよしないにせよ、やっておいて損がないのが「脳内投資」です。脳内投資とは実際の行動を起こさずに頭の中だけで不動産投資を行い、シュミレーションをしてみることをいいます(わざわざ説明するまでもないかもしれませんが…)。私の場合は不動産投資に興味を持ってから実際に購入するまでに、会社で暇な時間を見つけてこっそりと趣味で脳内投資をやっていたのですが、結果的にカンを養うのに役立ちました。脳...