archive: 2006年09月  1/2

不動産売買にかかる費用(ワンルームマンション)

投資用ワンルームマンションの利回りについて、週間ダイヤモンドの4/22号に分かりやすく掲載されていましたので、ちょっとお借りして説明したいと思います。言いたいことは流行のワンルーム投資は、営業マンに説明されるよりもこれくらい余分にお金がかかるので誤解を招く利回り表記であるということです。モデルケース:都内在住33歳独身サラリーマン、年収700万円、扶養家族なし、35年ローンで港区の新築ワンルームマンションを...

物件の調査について18

これも同じ田舎のアパートの話ですが、マイソク上、エアコンが完備されていませんでしたので、ここも指摘したところ、そもそもこの地域は東京と異なり涼しい地域なので、エアコンを設置している家庭はむしろ少ないとのことでした。最近流行の外断熱の一戸建てではエアコンが着くようですが、一般的な住居やアパートなどではエアコンは使わず夏は扇風機程度、冬はエアコンが効かないので石油ストーブなどで凌ぐとのことでした。また...

物件の調査について17

私は比較的都会の部類に住んでいまして、持っている物件もいわゆる電車圏内の物件ばかりですが、先日、すごく利回りの良い物件に出会いました。ところがこの物件はかなり田舎の物件で、駅からも遠いですし、広さの割りに家賃も安いように思え、マイソクで見る限り、利回り以外の良い点はあまりありませんでした。しかしよくよく同じようなほかの物件を調べてみたり、地元の業者の話を聞いてみたりすると、私が普段思っている常識と...

物件の調査について16

部屋の調査ですが、窓を開けてみて風通りは良いでしょうか?また、太陽は良く入ってくるでしょうか?誰もがそうだと思いますが、明るくて爽やかな部屋は人気があります。つまり入居者が決めてくれやすく、空室リスクが低いということです。アパートなどだと隣の部屋との壁が薄くて、生活音が聞こえてくるのもマイナスになります。道路に近くて年中クルマの音が聞こえてきたり、そばに居酒屋などがあり夜な夜な酔っ払いが大騒ぎして...

物件の調査について15

また、気がつきにくいところですが、窓際で直射日光が当たる部分に木枠を使っているようなちょっと古い建物の場合、そこの部分のペンキが剥がれていることがあります。なんとなくザラっとした感じで、パリパリと手でペンキを剥がせる感じです。また、直射日光が長く当たっているフローリングの床もメンテナンスをしていないと表面がザラザラしてきて、肌触りがあまりよくなくなってきます。このような場合はやはりペンキやニスなど...