archive: 2010年10月  1/1

不動産投資お役に立つ話6

他によく見かけるケースとしては、毎週土日に自分のアパートに出向いて自分でプチリフォームをしたりしている方ですね。よほど手先の器用な人でないと、素人工事は入居者にすぐに見抜かれてしまうものです。例えば気泡の入った壁紙や、ムラのあるペンキやニス塗り、保証のついていない電気工事など、確かに数千円~数万円前半くらいの節約効果はあるかもしれませんが、果たして本当に得をしているものでしょうか?プロなら簡単な工...

不動産投資お役に立つ話5

あと、不動産投資を志す方に、声を大にして申し上げたいことなのですが、みなさん肩に力が入りすぎです。大家さんなんてそこらへんのばあちゃんでもやっていることですので、もっと気楽に考えた方がよろしいかと思います。変わったことをしなければ、知識も経験もそれほど必要ではありません。「カリスマ大家さん」と呼ばれる人々は満室経営を煽っているようですが、実際のところ、地方のアパートの入居率なんて70%を切るくらいで...

不動産投資お役に立つ話4

不動産投資を勉強するということで、本やセミナー、私のブログのようにインターネットなどのソースをご覧になることは、別に止める気はありません。ただし、「投資に正解はない」ということは、必ず認識した上で情報を集めるようにしてください。もちろんこのブログであっても然りです。ここで書かれていることが真実というワケでもありませんし、取り組む方の資質、属性、考え方などによっても適・不適があるのではないかと思いま...

不動産投資お役に立つ話3

確かに、昔は可能であった裏技というものもあります。複数の銀行に同時に融資を持ち込み、一気に決済をすることで、銀行同士お互いの審査状況が分からず、結果的に複数の物件を同時に手に入れるという手法や、物件の担保価値のみでフルローン、もしくはオーバーローンを出してもらい、完全に自己資金ゼロで物件を手に入れるという手法、他には私も昔書いた記事にも少しありますが、カードローンを使って自己資金を捻出し、銀行の審...

不動産投資お役に立つ話2

まったく知識なくして投資をやるというのも考えものだと思いますが、本やセミナーで紹介されている知識はだいたい同じようなだと思います。もしくは少し奇をてらって、聴講者を集めるような方もいるのかもしれませんが、不動産投資は変わったことをすればするほどリスクが増大するものです。他の金融投資で例えて言えば、政情不安な国の通貨や株をイチかバチか買ってみましょうというような感じになります。まったく業界に顔も利か...