archive: 2012年02月  1/1

不動産投資の基本ノウハウ34

さて、次は設備のお話ですが、よく「3点式ユニットバス」を敬遠される方がいます。こちらはある程度所得が高い社会人女性を入居させたいというのであれば敬遠したほうが良いと思いますが、そうでなければ十分、選択の余地がある設備ではないかと思っています。手元に確固たるデータがあるわけではありませんが、首都圏の賃貸需要は未だに男性が多く、比較的所得の低い(=若い)方の数が多いのではないでしょうか。そうすると、水...

不動産投資の基本ノウハウ33

まあはっきり言って「物件の古さよりも場所でしょ」といつも思っています。ローンもキャッシュ・フローがある程度出るくらいの長期で、物件価格に近い金額で組めれば、銀行もその条件でもある程度回収の見込みがある物件だと見積もっているわけですし、実際に古くても満室でまわしている方も少なくないので、経営的には大きな問題はないと思います。設備の故障による小さな支出を我慢できない方(=若干投資における全体感の持てな...

不動産投資の基本ノウハウ32

一般的な感覚では、当然物件の築年は若ければ若いほどいいものですよね。ただし、当然のごとく値段は築年と反比例します。不動産物件は新築がありえないほど値段が高く、築10~15年あたりにかけて徐々に取引価格が下がってきます。結構極論ですが、それ以降は築20年でも25年でもそれほど取引価格は変わりません。要は古い物件を買えば、キャピタルロスのリスクを抱える率は少なくなるということです。個人的には物件は築10年以上で...