archive: 2012年03月  1/1

不動産投資の基本ノウハウ39

他に付けておかねばならない設備として、洗濯機置場が挙げられます。ついていない物件でも特にお年寄りを中心に入居者希望者はいるので問題ないですが、ほぼ間違いなく女性の入居者からは敬遠されます。いや、正確に言うと女性もいるにはいますがね、数が少ないということです。これはベランダに洗濯機置場がある場合も同様です。3割くらいの入居希望者を逃しているのではないかと思います。部屋に洗濯機置場がない場合は、だいた...

不動産投資の基本ノウハウ38

今度は必要不可欠な部屋の設備を考えてみたいと思います。どの調査でも必ず入居者が希望する設備のトップに来るのがインターネットになります。単身者でわざわざネットを自力で引きこむというのは、今どきあまりメジャーではないようですね。私の知り合いの大家さん仲間たちも、かなりの物件で標準装備としています。手段はCATVでもフレッツのマンションタイプでも良いです。はっきり言ってスピードの遅さでクレームになったことは...

不動産投資の基本ノウハウ37

本当に収納スペースのない物件もあります。概して居室が広いと思いますので、その場合はいっその事薄い板で仕切りを作ってしまっても良いです。私が見たケースでは28平米くらいの物件に3点式ユニットバスと台所があるというだけのものでした。収納、棚などは一切無く、本当に「部屋だけ!」というシンプルな物件でした。ところがそのオーナーが空室になったタイミングで、台所スペースに併設されたプチ・ウォークインクローゼット...

不動産投資の基本ノウハウ36

最近、入居希望者が意外と重視する要素として、収納設備の有無が挙げられます。特に女性では必須のチェックポイントといっても良いと思います。ちなみにワンルームの標準的な収納スペースはだいたい半間です。これでは普通の人が服や布団などをしまうには少なすぎです。多くの入居者はハンガーラックや無印やニトリなどでよく売っている収納ボックスを買って整頓していますね。もしも空室でリノベーションをしたいというのであれば...

不動産投資の基本ノウハウ35

空室リスクが低いとは言え、入居希望者の中でも3点式ユニットバスを好んで選択する人はあまりいないと思います。居室の広さが十分に確保できるという前提であれば、バス・トイレ別仕様の部屋のほうが人気があると考えられます。そうすると今度は投資物件の価格との比較になるでしょう。3点式ユニットバス仕様の部屋は、築15~20年以上の物件に多いです。最近はアパートでもバス・トイレ別が主流です。もちろん専有面積が増えるわけ...