archive: 2015年10月  1/1

空室を防ぐために絶対入れておくべき安い設備7選(セキュリティ編)2

①カラーモニター付きドアホンモニター付きドアホンを本気でつけると3~5万円はかかります。部屋数が多くなると結構な負担になりますよね。最近は便利なものが出ていて、パナソニックから販売されている「ドアモニ」という商品は安くて工事が不要なスグレモノです。普通に玄関扉に引っ掛けるだけでOK。これは女性に嬉しい装備です!ドアモニはドア上に引っ掛けたカメラの画像を、室内の子機に無線で飛ばす監視カメラです。電池が必...

空室を防ぐために絶対入れておくべき安い設備7選(セキュリティ編)1

保有物件の空室が長引いてきて苦しい!近所にライバル物件が増えてきて不安だ!平凡な物件だから興味を持ってもらえないのではないか?などなど、賃貸不動産オーナーはいつも不安を抱えています。多額の投資をしてリフォームすれば、もちろん差別化できるかもしれませんが、やたらと家賃を上げることも難しい昨今、そうそう大型支出をすることはできません。オーナー仲間の相談に乗っている中で、私や仲間が実際にやっている賃貸経...

サブリースについて4

サブリースの欠点としては賃料が下がるということ以外に、まさかの契約打ち切りということが挙げられます。どことは言いませんが、大手のアパートサブリース業者はかなり凶悪で、新築から20年くらいは気持ちよく借り上げてくれます。もちろん新しいので修繕費用も空室率も低いです。ところがある時期を過ぎると、いきなり「全室空室」状態で契約を打ち切られます。これは大家にとっては痛恨の極みです。この手の業者は土地を持って...

サブリースについて3

脱線してしまいましたが、収益不動産の管理に自身がない人や遠隔地の物件の場合、且つ月々のキャッシュフローがきちんとプラスになっている場合、サブリースはものすごく力を発揮します。ある程度信頼できる法人が借り上げてくれて、空室の心配なく毎月きちんと家賃を入れてくれるという状態は、何物にも代えられない安心感があります。ただし、一般個人向けの賃貸住宅で相場賃料の2~3割くらい、出入りの激しいゲストハウスなどの...

サブリースについて2

意外にもサブリースという制度は世の中に広まっているモノで、例えばイオンなどのショッピングセンターなども土地や建物の持ち主は別に存在しています。イオンが地主にイオン仕様で建物を建てさせ、それをイオンが一定年数借り上げることで、貸し主・借り主双方のビジネスが成り立っています。イオンは自身でもそこを使っているようですが、モールには多くのテナントを誘致し、そこから収益を上げているはずです。また、サブリース...