10
2006

物件の調査について7

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
物件に到着したら、その物件に出会った瞬間の印象をよく感じてみてください。なんだかスピリチュアルな感じの話ですが、第一印象は入居者が物件を選ぶに当たって重要な要素です。パッと見、好きか嫌いかでまずは判断してください。嫌いな場合は嫌いなところが直せそうかどうかを検討します。直せる要素は例えばゴミが散らかっていて汚いだとか、壁がところどころ剥がれていて見た目が怖い、またはヤブがボウボウでうっそうとしているなどです。

こういうところが改善されたら好きになれそうな場合は全然気にしなくて結構です。むしろそういうところを突いて、安く買い叩く材料になります。よく言われる例ですが、本当は美人なのに化粧が下手で不細工になっているような物件ならOKということです。買ってからじっくり化粧すればいいのです。

直しようがない、つまり選ぶべきではない悪い印象とは、言葉にしにくいですが、なぜか分からないが陰気な印象を受ける物件や他の物件に邪魔されてやたらと暗いもの、隣の物件の窓と直面しているものなどです。要は自分が住みにくいと感じるものは、だいたい多くの人も住みにくいと感じるものなので、単純に避けるべきだということです。自分の「カン」は信じてよいと思います