14
2013

実際に不動産屋でどのような話をするか3?

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
外に張り出してある気になる物件について軽く質問をすると、だいたい「何か投資物件をお探しですか」と聞いてきますので、いくつか物件を持っていて、いいのがあったら買いたいと思っているといった感じで進めるといいと思います。

物件をお持ちでない方は、ぼくは始めのうちに使っていた、「親父がアパートを持っていて、自分に任されている」というようなことを言えれば良いかと思います。とにかく自分は根っからのシロウトというわけではないことをさりげなく伝えてください。これでひとつボーダーをクリアです。

始めての物件を探してますというと、多くの店で完全になめられますので、ここは要注意です。

「なにか面白い物件ないですかねぇ、この付近は前から狙っていたんですよ。」とか言いながら、お茶などいただき、おもむろに出されたマイソクをパラパラしていきます。ここで本当に自分が探している物件の条件をシレっと披露します。例えば私の例だと「ここは実家が近いので、定年した親が趣味で管理できるような規模で徒歩圏内のアパートがあるといいなぁ」などといったちょっとリアルな話だと良いですね。(私の場合は実話です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村