28
2013

実際に不動産屋でどのような話をするか5?

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
当たり前のことなのですが、経験の浅い買い手が意外と分かっていないポイントをひとつお教えします。どんなビジネスでもそうかもしれませんが、それは情報を持っている業者と持っていない業者があるということです。

それらは外から見るとあまり差は分からないのですが、業者の中には2種類いて、ひとつは他の業者から自動的に流れてくる売買や賃貸の情報について客付けをするだけの業者と、もうひとつは自ら情報を開拓し、他の業者に流す業者です。

前者は既に流通に載っている物件情報に客付けするだけですので、はっきり言っておいしい情報は出てきません。賃貸にしても大家とつながっていないため、その業者に交渉してもあまり効果はありません。売買ではなおのことですよね。今の時代では、われわれがインターネット上で得られる情報と大差がないということです。

一方、後者は自ら売主や大家とつながっているため、価格決定に大きな裁量を持っており、いわゆる市場に出回る前の情報を持っている業者です。その業者と仲良くなっておけばわれわれ一般人もその恩恵に預かれる可能性が高いと思います。