02
2007

物件購入の「キモ」、ファイナンス3

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
銀行の窓口からアパートローンの交渉を開始して全額融資というのは、ほとんど聞いたことがありません。何件かファイナンスを体験してきて感じたことは、所詮貸し付けも人がやることだということです。

われわれ借りる側から見ると決まったルールに従って厳密に貸付判断をしているように思えますが、銀行の判断基準など案外曖昧なもので、私のような比較的若い薄給のサラリーマンに対しても、結局は全額かそれに近い融資をしてくれているのがいい証拠です。

なぜ、私が物件の購入価格の全額かそれに近い融資を受けることができたのか?その理由のひとつはその銀行に対する強い影響力を持つ人にコネクションを張ることができたからです。もちろんものすごい金額のお礼(費用にならない)をしています。

蛇足ではありますが、私が貧乏サラリーマンであるにも関わらず、それなりに不動産投資をうまくやってこれた一番の理由は、少々のお金くらい相手に儲けさせてやれと思う、金離れが良いことではないかと思っています。これができないとなかなか大胆に増やすことはできないと信じています(私はこれを「活き金」と呼んでいます)。