07
2007

物件購入の「キモ」、ファイナンス5

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
他に物件価格の全額を融資してもらうフルローンを受ける方法として、私が体験したことですが、他人の与信と手間をまるまる引き継いでしまうというものがありました。

これはまったくの偶然なのですが、私ではない他の人が購入しようとしてローンの打診をしていた物件について、決裁の最終段階で銀行がその人の与信の調査をしたところ、隠れた借金が発見されたため、融資がオジャンになってしまったというケースで、運よく私がその物件と融資の決裁を引き継ぐことができてしまったのです。

銀行にとって不動産物件の融資をするにあたっては、物件の担保価値や収益力などのかなり綿密な調査を実施しています。それは特に遠方の物件であればかなりの労力(と費用)が要求される作業だそうです。ですので、一度調査を始めた案件は、融資が完了するまでちゃんと終わらせたいのだということです。

高級な物件も安い物件も調査にかかる手間は同じだと言います。今までかかった手間と無駄にしたくないという銀行の思いがあるようで、そういうところにうまくつけこむのも手かと思います。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村