20
2007

良い物件の条件5:「売り」があること

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
古くても良いので、
A:主要駅から近いこと
B:それなりに広いこと
C:できるだけ風呂・トイレ別であること
D:部屋が明るく、それなりに機能が揃っていること
E:なにかひとつ選ばれるためのワンポイント(売り)があること

であると良いと思っています。

Eについては、これがあることで入居者に対して、ファーストインプレッションを良くする(物件に興味を持ってもらうためのフックになる)ことができ、更には最後の決め手になることもしばしばなので、投資物件を選択する際に参考にしていただければと思います。ワンポイントがある物件は強いです。

例えば、ベランダが非常に大きいなどもひとつのポイントです。私が持っている物件の中でもマンション最上階(と言っても4階ですが)角部屋で、2面が総てベランダというものがあります。見晴らしも良く気分が晴れやかになる良いベランダです。賃貸の仲介をしてもらった業者から、「マイソクにある図面に描かれている大きなベランダに興味を持って内見した」というコメントが数件あったとのことでした。

また、他の物件では駅徒歩30秒で、10階にあるワンルームなどは、電車の音が少々うるさいのですが、ホテル並みの広がりのある眺めで、カーテンを開けっ放しにしても視線が全く気にならないほど視界が開けています。ここは入居者が出て行ってもあっという間に次の希望者が出てくる優良物件でした。不動産投資が始めての方にお勧めしたい典型的な物件です。

他にも、部屋が四角くなかったり、面白い段差があったりするなど、ちょっと変わった間取りの物件(実は住みにくくて面倒なのですが)や、床下収納やロフトがついていたり、専用のロッカーがある、セキュリティ設備や暗証番号鍵があるなど、実際に物件を見てここは面白い!と思ったり、興味を惹かれたところのある物件は、入居希望者が見てもそう思い、人気のある物件だと思います。