27
2008

不動産投資に関して思うこと3

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
サラリーマンにとって副業として不動産投資をするということは、もうひとつの収入の柱を作るということです。普通の人が株や預金で少しでも有利に運用しようというのと同じで、不動産投資も会社から禁止されるような副業であるとは思いません。もし会社にバレても堂々としていようと思います。

実際、手持ちがある人ならともかく、現金や資産のない一般人が時間を使わずに、生活可能なレベルの定期的な収入を得る方法はほとんど唯一これしかないと思います。不動産が株やその他の運用と異なる点は、借金をしてそれを運用するという点です。

資本に関する話になりますが、「お金(資産)がお金を生む」ということの意味は、資産というものには価値があり、それに対して人はお金を払うということです。だからお金持ち(資産家)は何もしないで生きていけるのです。ですので、自己資金で始めなくてはならない株、外貨、預金、その他資産運用は資産を持っている人がその資産に稼がせるということなのです。

一方、不動産投資は金融機関からその物件の分だけ借り入れを起こします。つまり借金です。ここだけでも多くの人は抵抗があると思いますが、この借りたお金を運用するのです。ここに何も持たない一般人が資産家になるためのキモがあります