27
2008

不動産投資に関して思うこと3

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
サラリーマンにとって副業として不動産投資をするということは、もうひとつの収入の柱を作るということです。普通の人が株や預金で少しでも有利に運用しようというのと同じで、不動産投資も会社から禁止されるような副業であるとは思いません。もし会社にバレても堂々としていようと思います。

実際、手持ちがある人ならともかく、現金や資産のない一般人が時間を使わずに、生活可能なレベルの定期的な収入を得る方法はほとんど唯一これしかないと思います。不動産が株やその他の運用と異なる点は、借金をしてそれを運用するという点です。

資本に関する話になりますが、「お金(資産)がお金を生む」ということの意味は、資産というものには価値があり、それに対して人はお金を払うということです。だからお金持ち(資産家)は何もしないで生きていけるのです。ですので、自己資金で始めなくてはならない株、外貨、預金、その他資産運用は資産を持っている人がその資産に稼がせるということなのです。

一方、不動産投資は金融機関からその物件の分だけ借り入れを起こします。つまり借金です。ここだけでも多くの人は抵抗があると思いますが、この借りたお金を運用するのです。ここに何も持たない一般人が資産家になるためのキモがあります
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村