19
2006

物件の調査について3

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
購入しようと思っている物件のお金的なシュミレーションが済んだら、物件個々の個性を調べます。私は、マイソク(物件が紹介されているチラシ)で書かれている住所をインターネットで調べ、物件の所在地図を印刷します。良く知らない土地であればだいたい縮尺を3通りくらい用意し、そこがどういう地域かを調べます。

まずはマクロな調査をします。買おうと思っている物件が価格競争力が高いアパートなどであれば、周りにちょっとした大学や工場などがあると空室リスクは低くなると思います。地方であってもコア都市から数駅以内であれば、ベッドタウンとしてニーズが高いです。オーナーチェンジ物件であれば、既に入居している方がどこに勤めているかなどがわかるとその物件のニーズの参考になります。

また、その物件がある土地そのもの価値を知る必要がある(特にアパートなど一棟もの)ので、ちょっと心配な場合はそこの路線価を調べることで、もしもその物件をつぶして空き地として売却した場合、いくら手元に残るかを調査します。このサイトで路線価を知り、それに物件の広さをかけることでだいたいの基準価値を知ることができます。さもなければ投資物件がたくさん掲載されているサイトなどで似たような物件と比較するといいと思います。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村