02
2006

物件の調査について5

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
ともあれ、やはりなるべく良い地域で、土地そのものの価値が高いモノを買いたいですよね。どんなに安くても数年後売却に困ってしまうような物件や、空室リスクが高いと思われる地域の物件はちょっと避けた方がいいかもしれません。空室は、物件の良し悪しももちろん関係ありますが、もっとマクロな需給の方が大きく関連しているように思えます

田舎の空港や電車の車両基地など、繁華街でもないくせに騒音がうるさい地域は、土地自体が微妙に敬遠されると思います。また、そばに葬儀場や化学工場の臭いがする地域も嫌われますよね。そうするとどんなに物件の利回りが良くても、その地域に住もうとするお客さんの絶対数が減ってしまうわけです。

ところが物件のすぐ裏が畑ばかりだという場合などは、案外数年後に大化けすることがあります。私のアパートもそうでしたが、購入した当時はそのアパートの一帯は畑や雑木林ばかりでしたが、数年もすると一大住宅地となっていて、気がついたら路線化が上がっていたということがありました。

不確実ではありますが、今は土地の価値が低いものの将来にかけてみるという手もあるかもしれません。