12
2006

物件の調査について14

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
あと気をつけないといけないことは建て付けの類です。もちろん玄関のドアもそうですが、ロッカーやクローゼット、押入れ類のドア、洗面所や風呂、トイレのドア、ベランダの引き戸や網戸、台所の収納ドアなど、可動部分は総て建て付けを調べてください

軋みがあったり、不可解な傷がついている、ドアを閉めた時に上下の隙間が違う、引き戸なら滑りが悪いなど、建て付けが悪いと生活する上で何かと気になるものです。もちろん下の階の住民に音で迷惑をかけることもありますし、微妙に生活者にストレスを与えるものだと思います。

建て付けの不具合は購入時に一括して修理してもらうようにして下さい。建て付けの修理はあまりお金がかからないので、ちょっとした大工であれば簡単に直してしまいます。自前で直す場合は市役所などに登録されているシルバー人材センターのようなところから大工を派遣してもらうと良いでしょう。これは実費と時給程度でお年寄りの技術を活用しようという制度で、だいたいどこの自治体でも用意されていると思います。

ちょっとの手間で気持ちよく生活してもらえれば大家冥利に尽きますよね。