18
2006

物件の調査について16

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
部屋の調査ですが、窓を開けてみて風通りは良いでしょうか?また、太陽は良く入ってくるでしょうか?誰もがそうだと思いますが、明るくて爽やかな部屋は人気があります。つまり入居者が決めてくれやすく、空室リスクが低いということです。

アパートなどだと隣の部屋との壁が薄くて、生活音が聞こえてくるのもマイナスになります。道路に近くて年中クルマの音が聞こえてきたり、そばに居酒屋などがあり夜な夜な酔っ払いが大騒ぎしているなども、ストレスになると思います。私は軍の飛行機の通り道にアパートを持っていますが、これは昼でもうるさいと感じます。音は意外に日常的に受ける影響ですので、一応確認しておくと良いと思います。

このように生理的に感じる物件の良し悪しは説明するのも難しいですし、人によって感じ方が異なるものなので一概に言えませんが、この「感覚」みたいなものはすごく大事だと思います。物件のスペックも大事ですが、やはり最終的に入居者が物件を決めるのは、ここで長く住んでもよいという相性のようなものだと思うからです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村