11
2006

不動産売買にかかる費用(ワンルームマンション)5

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
では、業者はこの疑問(赤字とリスクを背負ってまで投資すること)に対してどのような切り返しをはかってくるのかというと、赤字に対しては「損益通算で節税になるのです」で対抗しますし、リスクについては「ローンが終わったら物件が残って家賃=収入となります」で対抗してきます。

恐らくは営業マンがちゃんと理解していないのだと思います(そう信じたい)。そうでなければ本当に詐欺と言っても過言ではないですから。確かに初年度は先に引用したケースでは年間32万円の節税ができていますが、次年度以降はそう大きな金額が期待できないわけです。まあ少々の節税はできますが、それ以上にキャッシュアウトが見込まれるので、結論から言うと大損なのです。

ここで声を大にして申し上げたいことなのですが、

節税=損が出ている

ということを忘れないでください。

物件を持つことで節税ができるということは、長期間損が出続けるということと等しいわけです。われわれ普通のサラリーマンがそんなに大量の税金を払っているわけではありませんよね。損益通算したところでたかが知れているのです。