06
2013

入居者集めについてのノウハウ7

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
ちょっと分かりにくかったかもしれないので、営業マンへのお礼技についてまとめますと、良い条件の部屋(フリーレント1ヶ月、敷金1ヶ月、礼金0ヶ月など(東京の場合))なのになかなか入居者が決まらない場合、営業マンへお礼戦略に変更します。

営業マンにお礼戦略とは、入居者への決定モチベーションであるフリーレントや礼金0などの予算(宣伝費みたいなもの)を、入居者を決めてくれる賃貸の営業マンに振り変えることです。

営業マンへのお礼を家賃の1ヶ月にし、入居者へはフリーレントなし、敷金1ヶ月、礼金2ヶ月などにします。もちろん余裕があれば条件を引き上げる必要はありませんが、それくらい営業マンの入居者に対する影響力は強いということです。

そうすると得をする人が入居者から営業マンへと変わりますが、大家としては空室が埋まればいいだけですので、誰が得をしても損をしてもどうでもいい話です。これはアパートで実践してみたのですが、効果てきめんでしたね。