08
2007

物件の利回りの落とし穴2

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
物件を購入する際のシュミレーションは重要だと思います。しかしその精度は1割くらいの余裕を見ておかないと危ないと思います。私の場合は変動金利を使っているのですが、その金利などもたまに変動しますし、空室の見積もりもみなさん結構甘めに見ているようです

基本的に一度空室になったら、現在の賃料を維持するのは意外と難しいと思ってください。現在の家賃が例えば7万円でも、もちろん相場が一番重要な要素なのですが、空室期間を短くしたいと思えばいつのまにか6.5万円くらいになっていることも少なくないです。

経験から感じるのですが。賃借人の心理としては、だいたい自分が想定している予算より1万円くらい高い部屋を志向するような気がします。ですから、だいたいその1万円の差の範囲で攻防戦が展開されます。このため現在の賃料は案外維持しにくい(=利回りが下がる)ということなのです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村