13
2017

失敗しないための不動産投資の失敗研究2

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
不動産投資は不労所得だと言われていますが、全然そんなことはありません。敢えて言うならば「少労所得」と言ったところでしょうか。確かに不動産経営ほど少ない元手で、自らの時間をそれほど使うことなく定期的に収入が得られ、時間と共に資産保有率が上がっていくような商売はないと思います。しかしそれは空室やトラブルのない時の話です。

(不動産投資は他のビジネスで発生するほどの手間も危険も少ないと考えていますが、リスクの研究のためにちょっとおおげさに書いてみます)

ひとたび空室が出ると、時期や物件、管理会社などにもよりますが、部屋が何ヶ月も空いてしまうこともザラですし、前回と同じ家賃で入居してくれるとも限りません。私も一棟まるごと賃貸契約してくださっていたお客様が解約されるということで、全戸がまとめて空室になってしまった時はさすがに焦りましたし、経営的にグラつきました

このケースでは営業マンへのインセンティブの調整やチラシの工夫、営業してくれる会社との交渉などを続けることで無事、満室までこぎつけましたが、この間、かなりの時間と気苦労を負った記憶があります。振り返ってみればさまざまなノウハウもの手に入ったのでまあ良い経験になったと考えています。ともあれ失敗しないためには、失敗例を知ることが重要かと思いますので、いくつかご紹介したいと思います。