09
2017

失敗しないための不動産投資の失敗研究4

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
自分が所有しているアパートの修繕をしなくてはいけなかったので、こっそりと会社で携帯と手帳を使い、廊下に出て工務店との交渉をしてきたわけです。2時間に一度くらいは業者から電話がかかってきたので、結構な手間でした。急ぎの時は、意外とメールは使ってくれないので不便です。

台風で雨どいの一部が破損してしまった時は、突然管理会社から電話がかかってきて、「すぐに修復工事をしないと事故が起きてしまいそうであぶない」ということでした。これはさすがに週末まで待ってもらうわけにはいかなかったので、管理会社に頼んで工務店に見積もりを取ってもらいました。

ところが、この工務店は「特殊な材料を使っているので施工会社でなくては修繕できない」というなさけない見積もり結果を出してきたので、これも私が自ら業者と打ち合わせ、見積もり交渉などもしなくてはならなくなりました。確かまだ週の始めだったと思うので、どこかで有給を取らなくてはと思った記憶があります。

今考えてみると、良い管理会社と付き合っていればこういう手間も少なくて済んだと思いますし、保険を適用することもやってくれたと思うので後悔しています。やはり不動産投資は人脈が全てなんだなと感じた事件でした。