26
2017

失敗しないための不動産投資の失敗研究10

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
私の不動産投資の失敗は、建物の故障だけではありません。当たり前のことかではありますが、やはり一番頻繁に起きて、直接的に被害を被るものは空室になります。当然、空室が起きている間はその部屋からは一円も入ってくることなく、銀行への返済だけが残りますよね。収入が滞るということはストレートに経営に響いてきます。

私が長いこと不動産賃貸経営をやってきて思うことは、何故だか分かりませんが、空室というものは起きる時には立て続けにおきて、満室の時はしばらく満室が続きます。また、季節的に悪い時(真夏と真冬)は一度空室になると、比較的長い間空室が続きます。入居の問い合わせが来る時も、なかなか来ないか連発で来るかのどちらかです。精神安定のコツはある程度の手を打ったら、あとは「まあそのうち来るだろ」と腹をくくることです。

春や秋の異動期の空室はあまり恐れる必要はありません。不動産会社に任せておけばそれなりに埋まっていきます。しかし、時期が悪いと延々と空いてしまいますので、これは積極的な対策を打たないといけません。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村