09
2017

失敗しないための不動産投資の失敗研究11

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
積極的な空室対策とは何かというと、ひとつの例として挙げられるのはチラシを工夫してみることです。不動産会社に任せておくと、何の工夫もない目立たないチラシができあがってきます。これでは毎回大量に出回っているマイソク(物件を紹介するチラシのこと)の山に埋もれてしまいます。

これをある程度自分で工夫することが重要なポイントです。もちろん清書は業者に頼むのですが、私は空室が出た時、手書きでマイソクのベース案を作成することがあります。決まりづらいと判断した物件の時は確実にやりますね。何を工夫するかというと、その物件がいかに素晴らしいものであるかを説明するコピーをひねるのです。その物件に一番愛情を持っているのは他ならぬ自分です。自分ほど熱心に売りを見つけられる人はいないと信じることです。

例えば、あまり売りがない物件でも、当たり前の売り文句でも、きちんと表現することは決してマイナスにはなりません。まずは入居希望者に、実際に物件を内見してもらうことが必要だからです。当たり前というのは大家だから当たり前であるだけで、入居希望者には物件を見に行くモチベーションになり得るのです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村