31
2014

金利上昇リスクをどう考えるか?3

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
さてさて、ちょっと話が逸れてしまいましたが、まとめると「もちろん金利上昇リスクはあります。しかし、マイホームの借入ではないので、毎月のキャッシュフローがプラスである内は問題ではありません。耐えられないときは売却を視野に入れましょう」という感じです。

100人中20人くらいは、リスクを異常に怖がる人がいるように感じます。そりゃ投資なんだからリスクくらいはありますよと、いつも思っています。リスクゼロで行くならば現金のまま、レバレッジなど利かせない方がいいわけです。その代わり、増える可能性もゼロになるだけですが。

エラそうなことを書いて申し訳ありませんが、リスクは可能な限りコントロール(先読みと対策)し、許容できる範囲内で受け入れる(=リスクテイク)するものです。それが理解できない人は、そもそも投資をやるべきではありません。私はそのリスクを極力抑える不動産投資手法を推奨しています。そして長くコツコツと資産を増やしていくのが、王道であろうと思っています。

将来、収入がなくなるリスクに比べたら、金利上昇リスクくらい大したことないと思いますよ。なんと言っても対処が可能なのですから!