21
2014

今は不動産投資を始めるには時期が悪い?

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
本当に多くの人が口をそろえておっしゃるのですが、「今、不動産投資を始めるには時期が悪いのではないですか?」というセリフ、マスコミに踊らされすぎです。確かに株価がどうした、地価がどうした、先行き不安などなど、不動産投資にはネガティブな表現が錯綜しています。

しかし、実際に不動産投資の現場を見ている限り、価値の高い地域の物件を狙うのであれば、時期が悪いということはほとんどないと考えられます。むしろそういう時ほどライバルが少なく、買い時ではないかと思うくらいです。

なぜ、不況時に大型物件(特に一棟モノ)の価格が下がるのかというと、銀行が融資を出し渋っているからに他なりません。大型の物件は銀行からの融資で購入することがほとんどで、とても現金だけではまかないきれないからです。銀行が融資を引き締めれば、当然、私たちは大型物件を手に入れることができません。そうすると物件を売却して現金を手にしたい売り手は値段を安くしてでも売ろうと必死になります

この繰り返しで大型物件を中心に、不動産価格は下落しているというわけです。景気や先行きの不安云々よりも銀行のスタンスの方が影響力が大きいものです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村