30
2015

新築と中古、どちらがいい?2

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
一方、説明するまでもありませんが、当然、新築にも良いところがたくさんあります。

まず、建物に建築会社の保証がバッチリとついているところです。通常10年間は、建物の構造に関する故障が起きれば建築会社が修理してくれます。特に一棟モノですと、何かと修理やメンテナンスにコストがかかるものですので、この点は新築ならほとんど意識しなくても大丈夫です。

また、比較的交換にお金がかかるエアコンやガス機器などの故障もほとんどありません。当然水まわりや外壁・屋根などもきれいですので見栄えも良く、大規模な補修費用を積み立てておくこともないのではないでしょうか。

さらに新築のメリットとしては、家賃が比較的高く取れるところです。よく新築プレミアムとか言われるやつですが、やはり多くの入居者はできれば新築に住みたいと思っていますので、少しくらい家賃が高くても入居してくれるという訳です。だいたい相場の数千円は高いと思って間違いありません。よって、幾分利回りも良くなってきます