10
2015

新築と中古、どちらがいい?7

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
いろんな物件にボロクソ書いてしまったので敵を作りそうですが、一大家の個人的、しかし正直な感想だと思っていただければと思います。そんな中、条件を問わず誰にでも勧められるものとして今は中古のワンルームが一番良いかと思っています。とにかく今の時代、一棟モノは新築中古を問わず、融資がなかなかつきません。こればかりは本当に抗いようもないところですので、こんな時は無理をせずコツコツ資産を築いていくのがベターだと思います。

中古ワンルームが良いのは、物件、家賃ともに新築プレミアムがはがれているところですので、比較的リーズナブルに安定した物件と経営を引き継ぐことができます。安定した経営とは、これ以上は極端に家賃が下がることはないという状態です。

それでいてすばらしいのが、中古木造アパートと比べてRCはメンテナンスコストがあまりかからないということです。確かに収益は少ないように見えますが、ひと部屋あたりに換算すればそれほど差はありません。そんな中、予想外の支出がないと言うことは、経営が極めて安定すると言うことです。多くの場合アパートよりも場所が良いので、長期に渡って空室リスクも低いことでしょう。

中古のワンルームからはじめるのは有力な選択肢となります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村