26
2015

地方の物件の状況はどうか?5

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
あえて地方の物件でも良いというケースを考えてみますと、地方でもピンポイントで賃貸需要が旺盛という地域を買うことです。これは県庁所在地近辺や国立大学、新幹線駅(こだま不可)があるような繁華街近辺のところです。土地勘がない場合はまったくお勧めしませんが、どうしても地方がいいという方はこのような観点で考えてみると良いかと思います。

TSUTAYAがあったり、ファーストフードがあるすぐ近くもいいかもしれません。ただ、地方はクルマ社会だったりするので、あくまでも指標のひとつというレベルですが。

その地方に昔から住んでいる方であれば、地方が悪いということはありません。地域の常識をわきまえていると思うからです。例えば北海道の物件が最近は流行っているみたいですが、融雪経費やメンテナンスコストが半端なくかかることをご存じでしょうか?融雪のための電気や水を出しっぱなしというイメージです。ここらへんの対策をうまくできる力がある方じゃないと、地方物件はトラブルなどに対処ができません
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村