28
2015

大型物件のデメリット3

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
大型物件と言ってもいろいろな場所にいろいろな種類の物件が建っています。もちろん東京都心の物件であれば、手に入れることができたら夢のような話になると思います。しかし、われわれ一個人に手が届く大型物件というのは、おおよそちょっとした地方か駅から遠いような場所にあることが多いです。地方でもRC一棟モノならいいやというのははっきり言って間違いです。

不動産投資で最も重要な用件は「立地」です。これは絶対間違いありません。あとは実キャッシュフローがプラスであれば、9割方成功したようなものです。そんな中、所有の満足感ばかりを優先して地方の大型物件を狙うというのは、将来身動きが取れなくなる自殺行為になる可能性もあります。

例外として、地元在住の方であればそんなに悪い選択ではないかもしれません。また、総ての地方大型物件が悪いわけでもありません。ただ、流動性が低いがために、大きなリスクを背負う可能性も低くはないということです。人口が比較的少なく、管理も行き届かない地方都市の古い大型物件など、数十年後、気持ちよく売却できると思いますか?買うことができる人もなかなかいないですし、ものすごい指し値を食らっていやな気分をすると思います。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村