11
2015

大型物件のデメリット4

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
あれもダメこれもダメというような感じになってしまいました。もちろんローンの組み方や物件個々の状況によって判断は全く異なるので、この記事だけを鵜呑みにしてはいけないのですが、将来取り返しのつかないことを避けるために判断基準のひとつとして意識されると良いかと思います。

蛇足ですが、大型の鉄筋コンクリート物件は所有の満足度が高いため、多くの不動産投資家にとっての最終目標になってしまっています。また、業者にとっても取り扱うことができれば仲介手数料が大きいため、必死になって売り込みにくるものです。しかも買うことができる人は年収の高い人に限られます。高収入な選ばれし人が、欲深い一棟モノ業者によって、リスキーな大型(しかも安くない)物件に手を出しまくっている状況を見るのはすごく残念に思います。最終的に儲かるのは業者だけですよ。

あとひとつ、RCは木造と違って、取り壊しにものすごくお金がかかります。私もあまり気にしたことがなかったのですが、規模によっては1千万円くらいかかることもあるそうです。最後に土地が残るから大丈夫という方は、解体と処分の金額を見込んで出口を計算しないといけないですね。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村