10
2015

サブリースについて3

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
脱線してしまいましたが、収益不動産の管理に自身がない人や遠隔地の物件の場合、且つ月々のキャッシュフローがきちんとプラスになっている場合、サブリースはものすごく力を発揮します。ある程度信頼できる法人が借り上げてくれて、空室の心配なく毎月きちんと家賃を入れてくれるという状態は、何物にも代えられない安心感があります。

ただし、一般個人向けの賃貸住宅で相場賃料の2~3割くらい、出入りの激しいゲストハウスなどの物件の場合は最大5割くらいの借り上げマージンを持って行かれます。これは個々の物件や業者の方針によってまったく異なるので一概には言えませんが、まあ、それなりの収益減になることは間違いありません

もしも借り上げを依頼する場合には、いくつかの不動産業者にサブリースの見積もりを取り、一番条件の良いところに頼むと良いと思います。条件とは、家賃だけではなく、管理費用負担の切り分けや契約期間なども含みます。ただ、地方物件や駅から遠いなど、空室リスクが高い物件の場合は、そもそもサブリースができない場合も多いです。サブリースは空室リスクを肩代わりしてくれる制度ではないのです。