13
2015

サブリースについて4

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
サブリースの欠点としては賃料が下がるということ以外に、まさかの契約打ち切りということが挙げられます。どことは言いませんが、大手のアパートサブリース業者はかなり凶悪で、新築から20年くらいは気持ちよく借り上げてくれます。もちろん新しいので修繕費用も空室率も低いです。ところがある時期を過ぎると、いきなり「全室空室」状態で契約を打ち切られます

これは大家にとっては痛恨の極みです。この手の業者は土地を持っている地主にアパートを建てさせ、その建築費用でバッチリと利益を上げます。そしてリスクの低い20年くらいでこれまたバッチリとマージンを取ります。物件が古くなって修繕費がかかり、空室が目立つようになってきた頃に空室で物件を返すといった具合です。

こうなった大家は悲惨ですね。まず8部屋とか14部屋とかある古い大型アパートを満室状態まで持って行くのは相当な努力が必要です。もちろんその間、銀行への返済がある場合は自己負担で支払っていかないといけません。迂闊に古いサブリース物件を買ってしまうと、このような自体が発生します。

サブリースは物件をかなり安く仕入れることができ、そして管理の手間がかけられない場合のみ、仕方なく使うようにした方が良いかと思います。もちろん場合によってまったく判断が異なるので一概には言えませんが、合い言葉は「儲かるから又貸しをするので要注意」ですよ。