13
2009

いったいいつが買い時か

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
不動産に限らず、それなりに高額なものを買うときには必ず言われる話なのですが、いったいいつが「買い時」なのでしょうか?この買い時を待ち続けて第一歩を踏み出さない人が多いようですので、今回は「買い時」について考えてみたいと思います。

例えばパソコンやケータイでは、ボーナスの1ヶ月前くらいが前期のモデルの売り尽くしで、値段と性能のバランスが一番取れていると言われていますよね。常に最新の機種を手に入れたい人でなければ、費用対効果が最も高い時期、つまり買い時と言えなくもありません。しかしこれは常にスペックが進化していて、定期的に最新機種が発売される商品に限定される法則と言えます。

しかし不動産は常にスペックに変わりがなく、絶対的な価値が一定なものです。大きく変わる変数と言えばその価格のみになります。得られる賃料は相場の高い安いにあまり大きな影響を受けることなくある程度一定ですので、物件相場が最も安い時こそが買い時であると言えます。ただし、これは現金で購入する場合に限られますが…。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村