11
2009

不動産投資に潜む罠、詐欺の話2

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
その案件は、いつもの通り、今日中に購入の判断をしなくてはならないというものでした。「急いでOKを出さないと他の人に行っちゃうよ!」と言うのです。資料をみると、東京近郊の駅徒歩0分(直結)の区分所有マンションで、なんと金額が150万円くらいというものでした。これくらいであれば銀行から融資を受けなくても無担保ローンカードを使って即決済できると思ったのですが、ありえないくらいの高利回り物件でしたのでさすがに不安になり、「明日まで待って」と伝えて現場を見に行きました。

そのマンションは確かにありました。事前にインターネットで調べた想定賃料では5万円は下りません。どう考えても安すぎると思いながら当該の部屋を探していたのですが、なぜかその部屋は見つからなかったのです。確かに複雑な造りのマンションでした。しかし集合ポストを探してみてもその部屋は見つからなかったので、これはおかしいと思い、法務局へ登記簿を取りにいきました。

すると、なんと「そんな物件はありません」という回答だったのです。「そんなことはない。この登記簿のコピーを見てくれ」と言ったところ、どうもそれは偽造だったようです。コピーさえしてしまえば偽造はたやすいのかもしれませんが、まさか信頼していた人からニセモノを資料として渡されるとは夢にも思わなかったので、一瞬、どっちが正しいのか混乱してしまいました。