17
2009

不動産投資に潜む罠、詐欺の話3

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
とりあえず不動産は怖いのでグレーな案件には手を出さないという原則に則り、惜しいとは思いながらも、この案件は止めることしました。その日の夕方、ブローカーから電話が来て、「お金できた?」と聞かれました。「購入可否の判断はできた?」なら分かります。しかし「お金できた?」はおかしいです。これは確実に詐欺だと思った私は、「物件を見に行ったのですが、見つかりませんでした」と言ったところ、「そんなはずはない!登記簿を渡しただろ!」とすごまれたので、「法務局に行ったら該当物件なしでした」と答えると、「いや、そんなはずはない…、ちょっと確認してみる」と言って電話を切られました。

それ以降、ブローカーからは電話はかかってきませんし、こちらからの電話もかかりません。名刺をもらっていたので、その会社に電話をしたところ、名刺を作ってやっただけでそのブローカーと会社とは関係がないということでした。頭にきたので、(宅建免許を交付している)都に通報するぞと応戦したのですが、ちょっと堅気ではない対応になってきたため、危険を感じた私は怖くなって、ここらへんで追い詰めるのを止めました。

どうも釈然としないと思いながら半年くらい経ったとき、本当にたまたま仕事帰りの街中でそのブローカーの顔を見かけたのです。私は思わず「おい、○○!」と言って駆け寄ったところ、そのブローカーは「ごめんなさい、ごめんなさい!どうしてもお金が必要だったから」と言って、詐欺を認めました。本当に警察に突き出そうと思ったのですが、仕返しも怖かったので、二度とそんなことするなと言って、その場は放免しました