11
2010

繰り上げ返済をするべきかどうか?3

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
これは個人個人の考え方ですので、議論の余地のあるところだと思います。私は不動産投資を実践してきてつくづく感じることは、とにかく月々のキャッシュフローを改善していくことこそが、長期的な安定につながるということです。不動産は一刻も早くローンを返済して自分のものにすることが目的ではありませんよね。ローン返済中でも使用・収益・処分は可能なものですから。目的は「所有する」のではなく、「活かす」ということであると考えると、正しい判断ができるようになると思います。

不動産経営は経営と名がつくのですから、まさに企業経営と一緒です。また、家計の経営も一緒です。総返済額を少なくするのもいいことですが、支払い額が一定でキャッシュフローを改善しないと、給料などの収入が少なくなったら一気に経営の危険度が増します。生活を苦しめて根性で高額な支払いを続け、リスクを改善しないというのは古い考え方だと思われます。

金融機関からせっかく30年という長い期間の猶予をもらっているのですから、その期限の利益をフルに活用しない手はありませんよね。住宅ローンの話でだいぶ逸れてしまいましたが、ここで言いたかったことは、繰り上げ返済をするとしたら、キャッシュフローの改善のために使いましょうということです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村