20
2010

繰り上げ返済をするべきかどうか?5

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
そのように物件購入のための与信枠に余裕がある場合、手元に300万円あるとすれば、それは躊躇なく次の物件購入のための自己資金に充てるべきです。繰り上げ返済に充ててはいけません。もちろん繰り上げ返済をすることも可能で、総返済額の圧縮には効果がありますが、賃貸用不動産の金利というものは、自力で返済するものではなく、入居者の賃料から返済していくものです。ですので、十分なキャッシュフローが得られている時は、無理に繰り上げ返済しなくてもいいのです。

まあ解りやすく言うと、「どうせ他人様が肩代わりしてくれているのだから、金利なんてたくさん払っていてもいいや」という感じですね。異論もあろうかと思いますが、私はそう思っています。

動産投資の借金は他人に返してもらうもので、自宅用の借金は自力で返すもの。そのように認識すれば、自ずと資金の使い道が解ってくると思います。与信枠を目一杯使い切って、もうこれ以上買うことができない状態まで来たら、自己資金がいくらあっても増やすことができませんので、はじめて繰り上げ返済をしていけばいいのではないかと思います。
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産投資ランキング