10
2010

不動産業者との付き合い方5

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
では、どうやって業者やエージェントを選別すればよいかというと、これは消去法しかありません。あくまでも傾向(例外多数)でしか言えないのですが、路面店を持っていない業者の方が、営業個々人の実力が高いことが多い気がします。理由はわかりませんが、路面店を持っているとある程度受付レベルの人を雇う必要があり、それゆえ全体のレベルが下がっているのではないかと思います。チェーンではない路面店はその地域に精通した大将が必ず居るので、その人といかにつながるかにかかっていますね。

また、その業者独自の物件を持っているかどうかも、若干チェックしたいところです。これはインターネットでも構わないのでその地域の情報を大量に読み込んで、その業者から出てくる物件と頭の中で比較します。業者はだいたい自社物件を優先的に紹介してきますから、しばらく物件の話をしていく内にだいたい解ってきます。公開物件を横流しするだけの業者と長く付き合ってもあまりメリットがありませんから。

私の場合も、ある程度長く付き合っている業者さんはやはり紹介や人脈によるものですので、うまく紹介などのツテを使って、小規模ながら腕のいい人とつながるのが最も良いのではないかと思います。人を見下したり、知識がないのを小馬鹿にしたりするような業者はもっての他です。

業者との付き合いや出会いというものが、不動産投資成功の最重要要素であることは間違いありませんが、これをノウハウとして伝えるのはほとんど不可能だと思っています。無理を承知でここまで触りを書いてきました。うまく文字にはできていませんが、業者選定ノウハウの半分くらいは書けたのではないかと思います。