30
2010

賃貸営業の技術4

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
では、インセンティブを与えるにせよ条件だけで勝負するにせよ、賃貸営業をどのように動かすのかというポイントについてお話しします。もちろん総ての業者に通用するわけではありませんが、概してこんな感じというレベルでお聞きください。

営業を動かす最大のポイントは、当たり前ですが相手の心理を読むことだと思います。最低限、業者をアゴで使うような態度は止めた方がいいと思います。私が知っているサラリーマン大家の中には結構こういうタイプの方がいて、端から見ていてハラハラすることがあります。大家として活動する限り、自慢である勤務先企業の看板を背負っているワケではありません。無理なわがままを押し通したり、動いて当然のような態度を改めるだけでも、相当相手の動きが良くなるように思えます。

それを大前提としてですが、インセンティブを与えるにしてもきちんと期限を切ってメリハリをつけさせる。こちらも特別待遇してもらうワケなので、賃貸営業にも特別待遇を与える。袖の下を渡すにしても会社にバレないようにしてあげる。比較的に暇な時期を狙うなどの配慮も効果的です。何はともあれ、話のわかる大家を演じるとかなり有利に進められると思います。営業の動かし方については言葉にならない領域も多いので、まあ参考レベルと思ってください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村