01
2010

賃貸営業の技術9

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
不動産物件の賃貸営業なんて、どうせインターネットやレインズなどの情報網に掲載されるんだから、どこに頼んだって一緒だよという意見があると思います。そのお考え、半分くらいは正しいと思います。賃貸の仲介は売買の仲介と異なり、不動産屋からみれば大して儲かるものではありません。そうなると、業者としては可能な手法をとって、一気に入居者を決めてしまいたいものです。もちろん宅建業法による縛りもあるのですが。

ですので、賃貸は売買と比べると、お買い得感のある物件がインターネット上に出回りやすいのです。蛇足ですが、賃貸物件を探す場合は、とにかく頻繁にネットの情報をチェックし、いい物件を見つけたら、会社をサボってでもとにかく速攻で取扱業者に連絡をし、物件を見たらその場で即決するのが、お買い得感のある賃貸物件に入居する一番のコツです。ともあれ、インターネットやレインズなどを過信しすぎてはいけません。

インターネットに載せてさえおけば、戦略なく、適切ではない家賃設定でも決まるというワケではありません。自分の物件が人気物件であれば問題ありませんが、そうでもない場合は、やはり力のある不動産業者とタッグを組み、自分の物件を特別扱いしてもらわないと、なかなか決まるものではありません。特にアパートはその傾向が強いですね。どんな仕事でも同じですが、結局最後は人が決めているということを忘れないようにしましょう。