18
2010

賃貸営業の技術12

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
こんなことを書くと怒られるかもしれませんが、自身の経験と、多くの大家さんと情報交換をする中で感じたこととして、賃貸業者はこちらの空室をあまり深刻に捉えていません。はっきり言ってささいなことだと思っています。だから熱意もないですし、相場など的外れなことをいうのです。

賃貸管理業者はだいたい入居している部屋について、家賃の5%くらいを賃貸管理手数料として取っています。これが空室になったとき、業者はその収入が得られないだけで、自身では何もペナルティやリスクを追っているわけではありません。ただ、先月よりも数千円収入が減るだけです。たくさんの管理物件の中で、数部屋空室になったくらいで経営が揺らぐこともありませんし、必死になって追いかける必要はないのです。

めちゃくちゃケナしてしまいましたが、残念ながら大家から見ると賃貸管理業者はその程度であるように感じます(一生懸命やっている人もいるのでしょうが…、あまり出会ったことがありません)。これも蛇足ですが、私はこういう状況を打破するために、自分が理想とする管理業者を作りたいと思っています。今回はほとんど意義のあるノウハウが書けませんでしたが、賃貸営業の大前提ですので、情報としてご査収下さい。