16
2010

賃貸営業の技術17

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします
~大家さん仲間1,000人を目指したニシオカのボランティアです~
「不動産投資の勉強はした。でも具体的にどう始めればいいの?」というご相談が非常に多いため、個別アドバイスしています。実はこのブログで500人以上のご相談に乗ってきたのですが、実際に投資を始めるとなると、個人の考え方や属性などに合わせて、一人ひとりの状態に合わせて中立的なアドバイスをするしかありません。銀行の融資も異常に厳しい中、転ばぬ前にリスクの少ない第一歩を踏み出すために、こちらをお読みください。
さて、賃貸の営業マンを動かす技術のお話に戻りたいと思います。あまりおおっぴらにお話する内容ではないかもしれませんが、以前も書いたとおり、賃貸の営業マンにはいわゆる「袖の下」というものがかなり有効です。では、この袖の下はいったいいくらくらいであれば良いのでしょうか。

よく、1万円とか、ちょっと色をつけて3万円とかいう方がいるようですが、私はそれくらいではあまり効果がないように思えます。もちろん物件次第ですが、ちょっと地方の人気がない物件を持っている方の場合、かなりの努力をしないと空室は埋まらないです。ましてやそれが閑散期であった場合はなおのことです。

3ヶ月も空くくらいであれば、10万円くらいポンと出してやって、その代わり少ない入居希望者をかき集め、死ぬ気で案内をしてもらった方がサッサと決まりますね。そういう時は礼金を取っても大丈夫です。そうすると驚くほど問い合わせの連絡がくるようになります。どうしても決まらない場合は、覚悟を決めて大金を叩いてやると良いでしょう(袖の下の渡し方は個人の営業力もあるので、なかなか技術を伝えにくいものです。都度相談できる管理会社と組むと良いと思います)。
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村