28
2010

不動産投資お役に立つ話6

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
他によく見かけるケースとしては、毎週土日に自分のアパートに出向いて自分でプチリフォームをしたりしている方ですね。よほど手先の器用な人でないと、素人工事は入居者にすぐに見抜かれてしまうものです。例えば気泡の入った壁紙や、ムラのあるペンキやニス塗り、保証のついていない電気工事など、確かに数千円~数万円前半くらいの節約効果はあるかもしれませんが、果たして本当に得をしているものでしょうか

プロなら簡単な工事であれば、土日を待たずして1日で仕上げてしまいます。しかも仕上がりも綺麗で保証付きです。そうしたら残りの数日間で入居者希望者の案内ができてしまいますよね。一部屋75,000円の賃料だとすれば、一日あたりの収入は2,500円です。自分で工事をするために土日を使い、10日間空室が長引いたとすれば、その損失は2.5万円です。

それに加えて、工事の仕上がりも良くないとなれば、入居者はあまりいい印象を持たないかもしれません。私はせっかく不労所得を狙うのであれば、見えないコストまでも考慮して、なるべくサッサとプロに任せて、自分が手間をかけることなく入居者を迎え入れた方が最終的な儲けは多いのではないかと思います。