04
2011

新築物件の落とし穴4

「初心者限定!」ニシオカが不動産投資のアドバイスをします。詳しくは コチラへ。
また、他によく聞く新築の売り文句が「10年間はメンテンス不要」だから、維持費がかからないというセリフです。これも結構穴でして、いくら新しい物件でも放っておいて大丈夫といいうわけではありません。確かに築20年の物件と比べれば、少メンテナンスでOKですが、それでも最低限の手を入れてやらないと経年劣化以上に築古感が醸成(?)されてしまい、競争力は落ちると考えたほうが良いですね。

これはクルマで考えればよくわかると思うのですが、いくら新車であっても日々の洗車くらいはしますし、数千キロごとにオイル交換などは最低限しますよね。これらの日常メンテナンスを怠ると、予想以上に痛みは進むものです。

古い年式のクルマでも愛情を込めて維持しているクルマははっきりと分かりますよね。不動産はそれが顕著に出てくるモノです。アパートを眺めながら街を歩いてみてください。古くても雰囲気のよい物件はたくさんあります。一方、新しくても目が行き届いていない物件も多いので、非常に参考になります。要は競争力は築年ではありません。維持する人の努力によるものなのです。